タイヤは、摩耗限界マーク(トレッドパターンの深さが1.6mm未満)になると停止する必要があります。

タイヤは、摩耗限界マーク(トレッドパターンの深さが1.6mm未満)になると停止する必要があります。

 

タイヤの老化。(身体検査確認)

 

3、トレッドの変形やビードの損傷、ガスの不足に起因するタイヤの損傷、化学薬品による腐食のタイヤは、引き続き使用してはならない。

 

4、ドラムタイヤは引き続き使用できません。

 

5.その他の損害は、タイヤの安全性に影響を与える場合、引き続き使用されないことがあります。 したがって、キロメートルの数を変更するのは経験の多いことですが、実際に交換する必要があるかどうかは主に上記の事項に基づいているため、タイヤを定期的に点検する必要があります。

 

 

1.タイヤの寿命には時間がかかりますが(使用されていない場合もありますが)、タイヤが使用されて道路に接触すると、道路の状態が複雑すぎるため影響はほとんど無視されます。

 

例えば、3年前に製造されたタイヤの理論的なゴム状態は今年ほど良くはないが、今年のタイヤはそれほど確かではない。また路面の複雑さのために、時間に応じてタイヤを交換する必要があるかどうかを判断する必要はなく、タイヤの実際の状態に応じてタイヤを交換する必要があるかどうかを判断する必要はない。これは、乗用車のタイヤメーカーがタイヤの耐用期間を保証しない理由の1つです。

 

ちょうど買ったタイヤ、駐車場はちょうど道路油に止まった、それは廃却されるかもしれない。誰もこのようなことはしたくないが。2.タイヤは様々な特性を有する材料とゴムコンパウンドで構成され、これらのコンポーネントの特性は時間と共に変化する。

 

タイヤの場合、この変化は、タイヤの寿命を通じて、気候、貯蔵、使用条件(負荷、速度、インフレーション圧力、メンテナンスなど)などの多くの要因によって決まります。タイヤが使用によって変化する理由はたくさんあるため、タイヤの寿命を正確に判断することは困難です。また、毎日の点検と気圧維持に加えて、スペアタイヤを含むすべてのタイヤを定期的に点検して、継続的に使用できるかどうかを判断することをお勧めします。

 

タイヤを5年以上使用している場合、専門家に少なくとも年に1回確認させる必要があります。ほとんどのタイヤは、製造日から10年以内に新しいタイヤに交換する必要があります。安全上の理由から、スペアタイヤや摩耗インジケータに磨耗していないタイヤなどのタイヤは、タイムリーに交換する必要があります。

 

タイヤを交換する時期は、時間だけで正確に判断することは困難です。もちろん、タイヤの使用時間が長ければ長いほど、経年変化や他の使用条件による交換の可能性が高くなります。